その503  リボルテックヤマグチ ルパン三世 テレビアニメ ファーストシリーズ版|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その503  リボルテックヤマグチ ルパン三世 テレビアニメ ファーストシリーズ版

以前発売された赤ジャケット版が意外なプレミア品になってる中
TV版ファーストシリーズの緑ジャケット版としてリニューアル再販。

ribolupun1st01.jpg

1stルパンの本放送は1971年なんだってね。
キッズステーションでよくやってるから、そんなに昔のものという印象は無いんだけど。
それよりもアニメが「テレビまんが」とか呼ばれていたこの時代に、
こんなアダルトテイストのアニメが存在していたことが驚き。






アキバのヨドバシカメラで発売翌日にゲット。

今回は再販の次元共々出荷数が少なかったのが、すでに店頭最安のソフマップには無く、
ヨドバシも残り10個切っている感じだった。
ネット通販も主要なところはだいたい売り切れてるし、再販も何とも言えないので、
迷ってる人は抑えておいた方がいいかもね。


ribolupun1st02.jpg

基本的に本体は、頭部と色以外は赤ジャケット版と同一。
しかし緑ジャケ版は、顔がかなりカッコイイ!
特にデフォルトの薄笑いを浮かべたフェイスは、1stルパンのイメージをよくとらえている。

ちなみにこの手首のタバコは別パーツ。
極小なので、持たせるにはピンセット推奨。


ribolupun1st04.jpg

ribolupun1st05.jpg

おなじみのワルサーP38は手首と一体。
笑っていない状態の真顔フェイスは、悪くはないけど、ちょっとイメージと違うような。。。


ribolupun1st06.jpg

ribolupun1st07.jpg

可動に関しては、最近のアクションフィギュアの水準で考えると物足りない。
二重関節や引き出し関節が起用されているわけじゃないからね。

リボ球関節なので自由度が低い部分もあり、動かしていて「もっとここがこう動けば…」と
感じることも多々あれど、決してダメな物ではなく、それなりにアクションを楽しめる。


ribolupun1st08.jpg

ribolupun1st09.jpg

今回は赤ジャケ版と比べると手首の数が減っており、宝石や鍵(ピン)を持った手首や、
ルパンダイブの平手などがオミット。

その代わり、五ェ門と対決した時に使用したイルカ鉄砲を持った手首が付属。
五ェ門戦のエピソードは未見だわ。キッズの1stルパンは3/7から再スタートするので、
1度ちゃんと見てみようかな。

3つめの頭部は歯ぎしりしているフェイスのもの。これもなかなかいい感じ。


ribolupun1st10.jpg

ribolupun1st11.jpg

新規オプションの手錠は軟質パーツ。


ribolupun1st12.jpg

椅子、テーブル、コップは赤ジャケットにも付いていたもの。
ボトルは新規パーツ。

大笑いフェイスも前のよりいいね。頭部は全4種類付属。


ribolupun1st13.jpg

今回のリボコンテナも金庫型。
足が長く、股間や膝関節の自由度が高くないので、膝立てや中腰状態のポーズは難しい。


ribolupun1st14.jpg

昭和の泥棒の定番アイテム・ドル袋は、あくまで地面に置く用。
底が平らで専用手首も無く、重いので持たせるには向いていない。
これも新規追加オプション。


ribolupun1st15.jpg

赤ジャケットルパンと新旧2ショット。
顔が似るだけで、随分良くなった印象。




ribolupun1st16.jpg

前回のルパンと次元は、専務がインタビューで「売れなかった」と明言しており、
実際1000円で投げ売られてたりしたので、今回のリニューアル再販はちょっとした奇跡かも。

そんな赤ジャケルパンも今はすっかりプレ値。再販次元もだいたい売り切れ。
ホントみんな市場から消えると欲しくなるんだから!(By両さん)



blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント