その483  Figure-rise 6 (フィギュアライズ6) ダブルチェイサー|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その483  Figure-rise 6 (フィギュアライズ6) ダブルチェイサー

こちらはプラモのダブルチェイサー。
フィギュアーツを乗せてもピッタリに見えるね。でも実は。。。

F6Wchase01.jpg







年末のヨドバシのセールでは980円で売ってたらしい。

フィギュアライズ6のバディは買ってないんだけど、このチェイサーはフィギュアーツと
バランスがいいと言う情報を目にしたので、発売直後にヤマダで購入。
で、去年のうちに完成。

フィギュアーツのチェイサーも買ったんだけど、あまりのデカさに中身を見ただけで
ブリスターは開かずに、そっと箱に戻したままなんだよね。。。


F6Wchase02.jpg

箱はMGクラスのボリュームだけど、パーツ数は少なくサクサク組める。
…が、すごくシール地獄。

色分けが再現されていない箇所は、ブレーキの銀色とグリップの赤ボタンぐらい。
でも大きいシールが多く、どこに合わせて貼ればいいのかイマイチ分かり辛いので、
貼ってはみたものの何かズレてる感じで、やり直した箇所も多い。
破れにくく、何度か剥離しても大丈夫なシールなので、なんとか見られるよう
仕上げられたのは幸い。


F6Wchase03.jpg

もちろん分離してロンリーチェイサーになる。
バーナビーver.は変形ギミックは無く、そのまま取り外すだけ。
自立させるには、下面にスタンドを付けます。

車体下半分の白地に赤い塗り分けはシール再現なんだけど、
やっぱりどこに合わせていいのかよく分からず、貼ってみたものの、
形状がジャストフィットしない箇所も多い。シールの長さが足りなかったりする。


F6Wchase04.jpg

フィギュアーツのバーナビーを乗せてみる。
首が上に向けばバッチリ!に見える????


F6Wchase05.jpg

横から見るとこんな感じ。
チェイサーがフィギュアーツの体型に合っていないと言うべきか、
フィギュアーツ自体の可動範囲の限界のせいと言うべきか、マシンにフィットさせた騎乗は不可。
グリップを握らすと腰が浮いて足をペタルに乗せられない。


F6Wchase06.jpg

F6Wchase07.jpg

なので乗せ方だったり、観賞角度が限定されるのよね。


F6Wchase08.jpg

F6Wchase09.jpg

タイガーVer.のチェイサー。
変形ギミックがあるので組立工数はこっちのほうが多いけど、
シールが少ない分作業の進みは早い。

サイドカーからバイクへの変形は組み換え式で、ほぼバラバラにしてパーツを組み直す要領。
結構面倒くさいけど、ペタルが抜けにくいのを、力任せに折らないよう注意すれば特に無問題。


F6Wchase12.jpg

サイドカー形態には難なく乗せられるけど、タイガーも車体に合わせたライディングは不可。
グリップの保持とペタルに足を乗せるのを同時にやるのは無理やね。


F6Wchase10.jpg

F6Wchase11.jpg

アングルと乗せ方次第では、ちょうどよく、カッコよく見えるんだけどね。

年末のヨドのセールじゃフィギュアライズ6のバディは500円だったし、
買っとけば良かったかな。。。





F6Wchase13.jpg

フィギュアーツ用と考えるなら、サイズはちょうどよく見えるものの、
乗せ方や観賞アングルが限られてしまうって印象かな。

アーツのチェイサーにはまだ乗せていないので比較はできないけれど、
ジワジワ安くなってるみたいだし(とっくに定価割れ)、作る手間とか差し引けば、アーツでもいいかも。






blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント