その470  WAVE リーンの翼オーラバトラーシリーズ ナナジン ~スーパーロボット大戦UX参戦記念?|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その470  WAVE リーンの翼オーラバトラーシリーズ ナナジン ~スーパーロボット大戦UX参戦記念?


新規参戦組は初音ミクだけじゃないのよ。
スパロボ参戦記念に、WAVEから出てたナナジンを引っ張り出してきた。

ちなみにナナジンのプラモデルなんて発売されてないよ!

wvNANAJIN01.jpg







発売は2006年末~2007年明け頃だったかな? OVAの展開とほぼ同時期。
WAVEのリーン翼シリーズは、他にオウオウカオーと通販限定のアッカナナジンが
リリースされました。

リーンの翼の立体物は、他にはコトブキヤからトレフィグが発売されたぐらいで、
アクションフィギュアはWAVEのこのシリーズのみ。

ダンバインのスピンオフとも言える位置付けの作品で、富野監督×サンライズ、
さらにはDVDがバンダイビジュアルなので、てっきりバンダイから何か出ると思ってたけど、
潔くスルー。

まあダンバインのプラモやフィギュアが大コケした後だし、このデザインじゃ無理もないわね。
今でもこのナナジンは比較的安価で手に入りそうだし、やっぱり不人気?


wvNANAJIN02.jpg

スレンダーで、このデザインでもヒーロー感あふれるプロポーション。
ナナジンって、こんなにカッコよかったっけ?

リーンの翼は何年も前に1度観たきりで、ナナジンの印象もはっきり覚えていないんだよね。
どちらかと言うとACEのプレイアブル機体としてのほうが馴染みがある…と思ったんだけど、
よく考えてみたらそんなに使ったことはなかった。

素材が軟質のPVCなので曲面表現に適したおかげか、造型/成型ともに良好。
塗装精度も高い。

ただし、経年によって可塑剤が浮き出したかベタベタが激しい。
また仕舞う前にダヴ洗浄しとくか。


wvNANAJIN11.jpg

wvNANAJIN04.jpg

可動は全体的に今二つなレベル。

腕が長くて肩が前後にスイングするので剣を両手で構えられるけど、
肘がちょこっとしか曲がらないので、ポージングの自由度は低い。

それ以上に、手首が左右ともに穴の開いた武器の持ち手のみ1種のみというのがツラい。


wvNANAJIN03.jpg

スパロボでは、ナナジンもハイパーオーラ斬り!しちゃうのか?
日本刀型のオーラソードは、もっと大きめのほうがハッタリが効いてよかったと思う。


wvNANAJIN06.jpg

足首があんまりスイングしない上に、三本の爪が下に突き出た状態で接地面積も小さい。
ただ立たせるだけなら問題ないけど、2本足でしっかり自立してくれるとは言い難い。
踵の爪なんか細く尖ったりしているから、コケた場合の破損のリスクなんか考えると、
ちょっと心もとない。


wvNANAJIN07.jpg

足が腰の横に付いている形状なので、足は結構上がる。膝はあんまり動かない。
足首は踵の爪のみ可動し、前側の2本の爪は固定。

そしてチンコクピットには鈴木君搭乗。


wvNANAJIN08.jpg

虫虫しい後姿。
そういやリーンのABはオーラコンバーターが無いのね。

後腰のクリアブルーのウイングは中央で折れる仕様。
本体へのハメ込みのボールジョイントがキツいので、ポッキリ逝かないように要注意。

尻尾(?)には納刀状態の鞘が取り付けられるけど、柄の着脱はできません。


wvNANAJIN09.jpg

wvNANAJIN10.jpg

ナナジンは頭で飛ぶんだよ。
羽根が生えた頭部が2種付属。1つは羽根が水平に、もう1つは下に下がった状態。
全然羽根小さい気がするんだけど、こんなもんだっけ?


wvNANAJIN12.jpg

ROBOT魂ダンバインと2ショット。
チンコクピットの鈴木君のサイズから判断すると、ややナナジンの方が大スケールかも。


wvNANAJIN13.jpg

次回のスパロボでもねつ造合体技がありそう。
ハイパーツインオーラ斬り!とか。

見た目も良くて、製品精度自体は高いけど、アクションフィギュアとして見ると、
ちょっとポージングできるレベルで厳しい。メーカーがメーカーだし、
「完成品ガレージキット」と思って納得するわ。



blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント