その157  HG 1/144 オージ(ヘビーメタルコーティングVer.)|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その157  HG 1/144 オージ(ヘビーメタルコーティングVer.)


ROBOT魂のエルガイムマーク2が約1/144ということで、
以前作ったHGオージのプラモデルを引っ張り出してきました。

今回の紹介するのは、R3のマーク2(2月に再販)発売時にリリースされた
ヘビーメタルコーティングVer.のほうです。
バンダイ十八番のメッキ仕様。


HGAUG01.jpg

ちょっと薄めの金色&銀色でメッキ加工されており、上品な感じに仕上がっています。
劇中カラーとは異なりますが、オージというメカのキャラクターを考えた場合、
このアプローチは当たりだと思います。


HGAUG06.jpg

しかし、購買時点で細かいキズが多々あったり、ゴミが付着していたり、
メッキには致命的な難点があります。
プラモは日本で作ってるんだから、品質管理はちゃんとしてよ。。。

なお、もともとメッキ仕様で発売されたものではないので、アンダーゲートではありません。
ゲート跡がしっかり目立ちます。
この頃は、パーツ分割への配慮も甘いので、当然のように合わせ目が堂々と目に付きます。


HGAU02.jpg

武器はマーク2を首チョンパした大型の鎌が付属。

鎌の柄の一部と右手首が一体成型のため、鎌の持ち位置を調整することができず、
ポージングの幅が限られています。

左手首も武器の持ち手はついていないので、鎌の両手持ちは不可。
平手を付けて、左手は添えるだけ状態。
パッケージのポーズはあくまでイメージです(´・ω・`)




HGAUG03.jpg

全体的に可動は初期のHGUC並み程度ですが、肩のラウンドバインダーは
比較的フレキシブルに可動。
バインダーの裏面にはセイバーのモールドが施されています。


HGAUG04.jpg

ROBOT魂のエルガイムMk2との比較。
オージの設定身長は20mで、Mk2の肩ぐらいの高さなので、だいたい比率は合っているようです。
オージって、意外と小さいのね。

ちなみにメガハウスのメカアクションは、1/144と1/100の中間ぐらいの大きさ。


HGAUG05.jpg

そして最終回っぽく。
オージは股関節の範囲が狭いので、あんまり動きのあるポーズは苦手です。


HGヘビーメタルのシリーズは、2弾のアトールが大爆死したせいか、
他にエルガイムMk-1とオージを加えた3種しか発売されなかったという
無念の結果に終わりました。

マーク2は商品化アンケート1位だけあって、好調にも見えるので、
エルガイム以外のヘビーメタルもリリースされるよう、ROBOT魂でのリベンジを密かに期待。

パーマンのコピーロボットなんか出してる場合じゃないよ!


[関連記事]

その155  ROBOT魂 エルガイムMk-II

blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント