#1223 DX超合金 Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機) |ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1223 DX超合金 Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機)


マクロス超合金、最難の変形に挑戦!

「変形がかつてないレベルで難しい」との
評判にビビって、開封を保留していた
超合金ドラケンIII。

GWでまとまった時間ができたので、
覚悟を決めて三段変形にチャレンジだ!

chogokin_DRAKEN01.jpg


DX超合金 マクロスデルタ Sv-262Hs ドラケンIII (キース・エアロ・ウィンダミア機) 約260mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-03-18)
売り上げランキング: 1,472




まさか尼が網より安くなるなんて!

ドラケンの予約最安値はまさかのamazon。
発売日直前の段階で、在庫に余裕が
あったのか、僅差ではあるが最終的には
あみあみよりも下がってた。

今はジワジワ値下がり中みたいで、
予約時よりも安くなってるけどね。
秋葉原だと17000円台で売っている店もあったな。

ちなみにメッサー機も予約最安値は
尼の19380円。
もしかしてミラージュ機も…?
まだ定価のままだけど。


①ファイター


chogokin_DRAKEN02.jpg

chogokin_DRAKEN03.jpg

chogokin_DRAKEN04.jpg

まずはファイターモードから。
ドラケンはSV-51をルーツに持つ
機体らしいけど、全くそんな感じがしない。

意外とコンパクトな印象ながら、
ファイターとしてのフォルムも破綻無く
極めて良好。この中に複雑な変形ギミックが
収められているのかと思うと、末恐ろしくなる。

あと合金率が少なく、ほぼプラスチック製。
合金は関節部やランディングギアぐらいか?

最近は超合金って言っても、ダイキャストは
申し訳程度にしか使われていないのが
多いよね。


chogokin_DRAKEN05.jpg

キャノピー開閉可&コクピット再現。
パイロットであるキースのフィギュアも
付いている。
小サイズながら、塗装はかなり細かい。


chogokin_DRAKEN06.jpg

chogokin_DRAKEN08.jpg

キャノピーはクリアの物と交換可。
こっちに付け替えると、ドラケンらしくないな。


chogokin_DRAKEN07.jpg

chogokin_DRAKEN09.jpg

組み換えで三形態に対応できる
スタンドも付属。


chogokin_DRAKEN10.jpg

出荷時の状態では、翼とシールドになる
尾翼内側のマーキング部に保護フィルムが
貼ってあり、これが意外としっかりした粘着力。
ゆっくり剥がさないと、マーキングまで
一緒に剥がれてしまう危険を感じた。
実際、SNSで事故った報告も上げられてたし。


②ガウォーク


chogokin_DRAKEN11.jpg

いよいよ変形にトライ。
まずはファイター→ガウォークから。

ファイターのボディの大部分が脚部だったり
機体中央に腕が収納されていたり、
これまでのバリアブルファイターとは
大きく異なる構造に驚く。


chogokin_DRAKEN12.jpg

chogokin_DRAKEN13.jpg

ガウォークへの変形は
胸部装甲と太ももとの位置関係が
ポイント。

写真のように、太ももの先端の前に
胸の装甲が来るのが正解らしい。
この位置関係を説明書だけで把握するのは
まあ無理だね。
でもこの部分さえクリアすれば
ガウォークへの可変は、
それほど難しいことでもないような。

Youtubeに変形動画がいくつかアップ
されており、それらを見ながらでないと、
ドラケンを正しく変形させるのは、
ほぼ不可能に近いレベルだと思う。


chogokin_DRAKEN14.jpg

chogokin_DRAKEN15.jpg

chogokin_DRAKEN15b.jpg

完成したガウォーク形態。
これであってるかしら?

やや腰高に見えるものの、
コウモリを彷彿させるウイングと
グラージみたいなガンポッドの付き方が
既存のガウォークとの違いを際立たせ、
なかなか新鮮かつカッコイイ。


chogokin_DRAKEN16.jpg

chogokin_DRAKEN17.jpg

chogokin_DRAKEN18.jpg

スタンドを使うと浮かせて飾ることが
できる。ただし角度は付けられない。

翼が中央で半回転して折れ曲がる
独特の変形ギミックで、SV-51の血筋も
感じられるシルエットになった。



DX超合金 SV-262HsドラケンIII(キース・エアロ・ウィンダミア機)
価格 18,800円(税込) 20%OFF



③バトロイド


chogokin_DRAKEN19.jpg

最後はガウォーク→バトロイドへの変形。
ここはウワサに違わぬ高難易度!

バトロイドにするには、背中のパーツを
スライドさせ、フックを引き出して、
股下に引っ掛ける仕様なんだけど、
説明書にはフック部の写真が載っておらず、
この部分がどうなっているのか分からない。

で、動画を見ながらその通りにやって
みるんだけど、主翼を定位置に収めると、
フックが引っ込んでしまい、フックを
引き出すためにまた主翼をずらして
…みたいなことの繰り返し。

1時間20分ぐらい悪戦苦闘を続け、
フックが出たまま、主翼が定位置に収まり、
首の後ろのフックと一緒にカチッと
ハマった時は奇跡を感じたね。


chogokin_DRAKEN20.jpg

chogokin_DRAKEN21.jpg

ついに完成したバトロイド!

機首が頭部になるのも新しい。
アクエリオンに出てきた敵みたいで、
ライバル機なのに地味顏だけど、
トータルで見るとカッコイイので許す。


chogokin_DRAKEN22.jpg

chogokin_DRAKEN23.jpg

chogokin_DRAKEN24.jpg

複雑な変形ギミックを満載している割には
よく動く。ポージングの幅はそこそこ広い。

可変ギミックの副産物で肩の付け根が
後方に可動。股関節が外側に動き、
足はハの字開きが可。膝も若干ロールする。

膝はクリック関節で大きく曲げることができ、
足首の接地も悪くない。

首は引き出すことで可動域が広がる。
腰はあまり動かないみたい。


chogokin_DRAKEN25.jpg

右腕には機銃が収納され、展開ギミックあり。


chogokin_DRAKEN26.jpg

chogokin_DRAKEN27.jpg

ガンポッドのフレームの金色は成型色。
間違いなく擦れる箇所なので、
塗装は見送られたか。

手首は変形用の可動指のほか、
見映え重視のやや大きめの、
拳、平手、銃の持ち手が付いている。

このサイズのガンポッドを、可動指で
ちゃんと保持するのは難しいと思う。







chogokin_DRAKEN28.jpg

既存のヴァリアブルファイターとは
大きく異なるデザインとギミックは斬新。
ゴールドの差し色にエンブレムが
マーキングされた、騎士専用機らしい
ゴージャスな仕上がりにも新しさを感じる。

しかし、変形は歴代マクロス超合金
屈指の難易度を誇る。
説明書だけでは分からない箇所もあり、
動画を参考にするのはマスト。
動画を見ながらやっても、スムーズには
行かない可能性のほうが高い気もする。

まだ売れ残っていることもあり、
これでマクロストイへのデビューを
考えている人もいるかもだけど、
ドラケンは止めといたほうがいいと思うな。

同じマクロス超合金でまだ買える物なら
こっちのほうを断然おススメ。

あるいは超合金でもデルタでもないけど、
次回レビュー予定のこの定番VFなんかが
いいと思う。


ドラケン最安値&レア物在庫あり・マクロス超合金コーナー

blank.jpg
関連記事