#1216 DX超合金 VF-31F ジークフリード (メッサー・イーレフェルト機) |ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1216 DX超合金 VF-31F ジークフリード (メッサー・イーレフェルト機)


マクロス超合金の争奪戦は終わった…

後半の主人公機であり、
マクロスデルタ登場機体の中でも
人気は高いほうのメッサー機だけど、
ジワジワ最安値を更新しているドラケンに
続き、発売日以降余裕で買える状態。

最安値クラスの1.9万で売っていた
いつもの店も、昨日早売りのHJを
買いに行ったらまだ売ってたよ。。。
まあどこも値引き渋いんで最安でも
飛び抜けて安いわけじゃないけどね。

通販でもほぼ定価でまだ買えるけど
マケプレで半額で売ってる所があっても
ポチらないように注意してね。

争奪戦が終わっても、
人気商品であることには変わりないので、
今amazonで大量に発生している
マケプレ詐欺に、メッサー機もダシにされてる。

現実的に今半額で買えるマクロス超合金って
こんなもんしか無いでしょ?

chogokin_VF31F01a.jpg


DX超合金 マクロスデルタ VF-31Fジークフリード(メッサー・イーレフェルト機) 約260mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-04-22)
売り上げランキング: 10




DX超合金 マクロスデルタ VF-31Jジークフリード(ハヤテ・インメルマン機) 約260mm ダイキャスト&ABS製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2016-12-17)
売り上げランキング: 16,125



chogokin_VF31F01b.jpg

chogokin_VF31F02.jpg

ビックカメラ予約分が届いたので
早速開封レビュー。
まずはファイター形態から。

ブルーが基調のヒロイックなハヤテ機に対し
メッサー機はロービジ調の配色で
カラーリングだけだとパッと見
量産機のような印象も受ける。

でも単色の塗装ではなく、
地味な色の組み合わせながら
複雑に塗り分けられており、
どことなくエース機の貫禄が
現れているような気もする。


chogokin_VF31F03.jpg

chogokin_VF31F04.jpg

そしてエース機の最もたる象徴である
パーソナルエンブレム。
死神マークがプリントされている。

コンテナアームの基部にあたる部分なので、
可動を繰り返すと剥げそうな気がしなくもない。

設定とは位置というか向きが
ズレてるけど、あまり気にしないようにする。


chogokin_VF31F05.jpg

パイロットフィギュアはハヤテではなく、
メッサーが付属。

複座式にするには、後部カバーを外して
シートを引き出す。
着座用の女性型フィギュアも付いてるけど
これはカナメさん?

キャノピーはハヤテ機同様、
ラメが入ったような塗装がされているけど、
透明度が上がり、中のパイロットが透けて
見えやすくなった。


chogokin_VF31F06.jpg

バトロイドのふくはらぎにあたる
ドローン収納部の蓋も開閉。


chogokin_VF31F07.jpg

chogokin_VF31F08.jpg

chogokin_VF31F09.jpg

組み換えで3形態に対応できる
シリーズ共通のスタンドも付属。
支柱の角度は調整できず、
ただ浮かせて飾るだけしかできないけど、
大きめで重量もそれなりの超合金を
比較的安定してディスプレイできる。


chogokin_VF31F10.jpg

ファイター状態でコンテナの展開も可。
劇中でやってたかどうかは
憶えてないけど、トルネードパックみたいで
結構好きな形態。


chogokin_VF31F11.jpg

chogokin_VF31F12.jpg

ガウォークへと変形。
ハヤテ機を弄った感覚を
まだ手が憶えているので、
説明書をチラ見する程度でも
スムーズに変形させられた。
ファイターに戻す逆変形は、
また苦労しそうだけど。

一部可動がキツイ箇所があるものの、
ジークフリードはマクロス超合金の
完成形とも言えるアイテムなので、
ギミックも精査され、歴代アイテムの中で
最も変形させやすいと思う。


chogokin_VF31F13.jpg

ガウォークのスタイルもバッチリ。

足のハの字開きが可能で、
足首の接地も良いので、自立もさせやすい。


chogokin_VF31F14.jpg

chogokin_VF31F15.jpg

さらにバトロイドへチェンジ。

劇中ではあんまり見た記憶が無いけど、
凄くカッコいいじゃないの!
後期主人公機は伊達じゃない!


chogokin_VF31F16.jpg

chogokin_VF31F17.jpg

造形的なハヤテ機との違いは頭部のみ。
本編を見てる限りでは頭の形が
どうなってるのかよく分からなかったので
改めて立体で見るとかなり新鮮な気分。

ウルトラセブンにこんな顏の
宇宙人がいたようないなかったような。。。

額から突き出たアンテナは予備が1本
付いてるけど、破損には要注意。
(耳のレーザー砲も予備が付属)


chogokin_VF31F18.jpg

chogokin_VF31F20.jpg

ガンポッドの持ち手が2種付いてるけど、
使い分け方がよく分からない。

平手は表情の付いた物のほか
指をピッタリ閉じた敬礼状態の物も
あるけど、使うことはなさそう。

デフォルトの可動指もファイターに変形して
収納する時以外は使わないと思う。


chogokin_VF31F21.jpg

ナイフは下腕のシールドの裏に
折り畳んで収納。


chogokin_VF31F22.jpg

chogokin_VF31F23.jpg

スタンドはバトロイド形態にも対応。
支柱が非可動式なので、
やはり自由度は低い。


chogokin_VF31F24.jpg

chogokin_VF31F25.jpg

chogokin_VF31F26.jpg

複雑な可変ギミックを搭載している割に
可動域は広い。腰も回転する。







chogokin_VF31F27.jpg

ジークフリードは間違いなくカッコイイ!

三形態の造形と複雑な可変ギミックを
見事に両立させ、ほぼファイターで
飛んでるだけで、劇中では気付かなかった
魅力をしっかり認識できるアイテムだ。
スーパーパーツも即効予約済み

劇中で三形態を存分に使いこなし、
何度もリピート見したくなる
戦闘シーンを描けていたのなら、
店頭瞬殺状態は続いていたのかもしれないね。

まあマクロス超合金は気が付けば
店頭から消えてるタイプの商品のようで、
長いこと売れ残ってた練習機も
プレミア価格のオンパレードになってるし、
年末年始に至る所で見掛けたハヤテ機も
ほぼ売り切れでプチレア化してるし、
メッサー機も定価以下であるうちに
確保したほうがいいかもね。

再販されにくいものだろうし、
今なら有名店でも1人3限で買える所
あるぐらい余裕だからね。


店頭余裕だったのに今はこの値段!? マクロス超合金の確保はお早めに

blank.jpg
関連記事