#1210 ROBOT魂 (Ka signature) 〈SIDE MS〉 ディジェ|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1210 ROBOT魂 (Ka signature) 〈SIDE MS〉 ディジェ


アムロ搭乗機でありながら、
「ガンダムじゃない」こともあり、
ほとんどスポットが当たることが無かった
ディジェ。

約30年ぶりのガンプラ化に続いて、
初のアクションフィギュアがリリース。
ロボット魂Ka Signatureにラインナップ。

これでMSVを除くZガンダム登場MSで、
近年(HGUC以降)1/144サイズで
マスプロ商品化されていないのは、
ガルバルティとバウンドドッグと
ハイザックカスタムの残り3つ。

ガルバルは旧キット、ドッグは1/144には
足りないけど、デキは良いコイツ
許容すれば、全く代替え品が無いのは
隠れハイザックを残すのみ。
(Bクラブから改造パーツは出てたな)

隠れハイザックは小説版のユニコーンには
登場しているんだけど、その部分はまるっとカット。

アンクシャぐらいの出番はあったので
原作通りに映像化されていたら、商品化に
ワンチャンあったかもしれないね。

ROBOT_tamashi_DJ01.jpg


ROBOT魂(Ka signature) 〈SIDE MS〉 ディジェ
バンダイ
売り上げランキング: 15,959


機動戦士Zガンダム Ka signature × ROBOT魂 SIDE MS ボリノーク・サマーン
バンダイ
売り上げランキング: 148,175


-ロボット魂- SIDE MS バーザム 全高約13.4cm ABS&PVC製 フィギュア
ROBOT魂
売り上げランキング: 33,061


魂ウェブ商店限定品。すでに受注は
終わっているので、今から欲しくなった人は
この辺で安いの探してね

初期のバーザムやボリノークは安いけど、
ディジェは中古でほぼ定価(11880円)、
未開封ならちょっと高いぐらい。
まあ元の定価が高いんで、プレミアと
言えるほどにはなっていないか。


ROBOT_tamashi_DJ02.jpg

カシグならではの、ほぼ全塗装に
マーキングのプリント仕上げ。

基本色のグリーンは、他のアイテムには
ほとんど使われていないような色で、
調色が難しそうな気もするけど、
イメージに近く、半光沢で発色も鮮やか。

プロポーションは設定画と比べると
各部のボリュームが抑えられ、
ややスタイリッシュに洗練された感は
あるものの、複雑なシルエットを
上手い具合に立体へと落とし込んで
いると思う。

さすがに元の設定画のバランスでの立体化は
無理があるような気がしなくもないし。


ROBOT_tamashi_DJ03.jpg

真の顔(ガンダムフェイス)が
再現されているんだけど、
クチバシのパーツは簡単に外れそうにない。
説明書に書いていない遊び方だし、
無理して壊したくないのでやめとく。

とりあえずモノアイの左右に
デュアルアイのモールドらしきものが
確認できる。

でもいつからディジェにガンダム顔が
隠されているってことになったのよ?
カイ・シデンレポートから?


ROBOT_tamashi_DJ03a.jpg

ROBOT_tamashi_DJ03b.jpg

どう見ても可動を仕込むのが難しい
デザインだけどよく動く。

肩は大きく引き出し可。
フロントスカートは2重に分割され、
足も結構前に上がる。

背中の謎の放熱板(スタビライザー?)や
ランドセルも上下に可動。
放熱板には細い棒状の突起が後方に
突き出ているんで、後ろに倒れないよう
厳重注意。

これまた謎の腹の赤いブロックを上げると、
若干ながら腰を捻ることもできる。
ディジェのコクピットは頭部なので、
この赤い部分はハッチじゃないよ。


ROBOT_tamashi_DJ04.jpg

ROBOT_tamashi_DJ07.jpg

百式と同型のビームライフルと
クレイバズーカが付属。
各2個づつ付いている。

設定画よりも小さくなった右肩のシールドの
裏には、ライフルのマガジンを収納できる。

しかしディジェはどんなポーズを取らせて
いいのか分からない。劇中ではドダイに
乗って、ライフルかバズーカを撃ってる
だけだったし。


ROBOT_tamashi_DJ08.jpg

ROBOT_tamashi_DJ09.jpg

唯一ディジェ独自の武装である
ビームナギナタだけど、これは劇中未使用。
ホントにディジェはドダイに乗ってた
だけのような。

でもメロウドやバイアランを撃墜してて
さすがアムロ機は伊達じゃない。


ROBOT_tamashi_DJ10.jpg

カシグオリジナルのプレイバリュー。
ハイメガランチャーが付属。

Zガンダムの物のデザインを踏襲しながら、
新しいギミックが搭載されている。


ROBOT_tamashi_DJ11.jpg

ROBOT_tamashi_DJ12.jpg

ROBOT_tamashi_DJ13.jpg

ハイメガは伸縮し、肩部と連結できる
アームが収納されている。
このアームをジョイントするための
肩の穴が割と目立って気になる。


ROBOT_tamashi_DJ14.jpg

ROBOT_tamashi_DJ15.jpg

ハイメガと肩との連結は2パターン。
ランチャー下面と後部に接続アームが
収納されており、そのいずれかを使う。

ディジェがハイメガを装備できる旨は、
当時のプラモの説明書に書いてあるらしい
ので、バンダイ十八番の後付設定とも
言い切れないけど、正直違和感ある。
ジオン系デザインがZガンダムの武器を
持っても似合わないよ。


ROBOT_tamashi_DJ16.jpg

ROBOT_tamashi_DJ17.jpg

謎パーツが各部にあるディジェだけど、
(80年代メカのお約束とも言える)
いちばん不思議だったのが左肩の突起。
これはウエポンラックらしい。

この部分にライフル、バスーカを懸架可能。
さらにハイメガも左肩に装備でき、
もの凄くバランスの悪い見た目に。

ディジェは地上戦用なのに、
思いきりデッドウエイトじゃない。
それ以前に、これだと左手使えないよね?
アムロ機だから、それでも無双できるのか?

たぶん、この装備はもうやらないと思う。
ハイメガよりも、劇中ではディジェの
一部みたいなもんだったドダイ改を
付けて欲しかったと思うのはオレだけ?

ドダイ改も1/144サイズでは立体化されて
いないしね。下手なMSよりも出番が
あったのに。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【未開封】 ロボット魂 ディジェ Ka signature SP 機動戦士 Zガ...
価格:16000円(税込、送料別) (2017/4/13時点)



ROBOT_tamashi_DJ18.jpg

ハイメガの蛇足感がハンパ無いけど、
日陰者だったディジェを最新技術で
世に送り出したことは高く評価したい。

フィギュアのデキ自体は
カシグでもトップクラス。
全塗装仕上げのカシグにハズレ無しだね。
新作も即効予約済みよ。


買い逃したロボ魂カシグの中古入荷をチェック!

blank.jpg
関連記事