#1138 機動戦士ガンダム マシンヘッド2 / Machine Head2|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1138 機動戦士ガンダム マシンヘッド2 / Machine Head2


早くも海外サイトで第3弾発売中止の
情報が出回ってて(真意のほどは不明)、
買おうかどうか迷ったけれど、
結局通常カラーver.をコンプしてしまった
機動戦士ガンダム Machine Head 2。

ガンダムカフェでちょうど入荷した
タイミングに出くわし、全く手付かずの
状態で売ってたので、ダブり無しで
揃えちゃった。

GUNDAM-MHEAD201.jpg


機動戦士ガンダム Machine Head2 フルコンプ 10個入 食玩・ガム (機動戦士ガンダム)
バンダイ (2016-11-30)
売り上げランキング: 249


公式サイトでは発売日は11/21に
なっているけど、店頭に並んだのは1週間遅れ。
この記事がアップされた頃には、
家電量販店のホビー売り場や
イオンあたりでも売っていると思う。

Sガンダムとダブルゼータの
通常カラーのみをゲットするつもりだったけど、
買ったのはフラゲ日だったので、
まだ配置情報は出回っておらず。

てっきり並び順は前回と同じパターンだろうと思い、
何の疑いも無く、SとZZのはずであろう場所から
2個摘まむと、バーザムとシナンジュの色付き。
…今回は通し番号順じゃないのか。。。

でも左手側が色付きなのは確定みたいだから、
改めてスルーした位置の3個を摘まんで
通常カラーver.をコンプ。

今回も全10種/1BOX10個入りで
箱買いすればダブり無しで
フルコンプできるまごころアソート。

Sガンダムが少しだけ重いかなあ…
…って気がするぐらいで、
どれも重さも持った感触もほとんど変わらんし、
箱の外から中身は見分けられないので、
全種揃えたい人はBOXで買った方が
割安で苦労も無く手っ取り早い。


GUNDAM-MHEAD217.jpg

GUNDAM-MHEAD218.jpg

今回はBOX未開封の状態で
手前から入っているであろう順番に紹介
ただし保証無し。シャッフルされている
店も多いと思うし。

まずは1番人気のSガンダム。
かなり精悍な顔立ちでいい感じ。
ボリュームも1番ある。

ただし、他のアイテムはどれも
外装が全塗装なのに、Sガンダムだけ
なぜか白が成型色。

安っぽい質感ではないものの、
他のアイテムは全て塗装されているので、
物足りなく感じてしまう。

本シリーズはほぼ1/100サイズで
小改造でMGへ取り付けできるので、
その目的で買って塗装を前提とする人
には都合がいいのかもだけど。

インコムの赤は塗装だけど、
ちゃんと塗られておらす、
下地(?)のグレーが浮き出てる。


GUNDAM-MHEAD219.jpg

装甲をスライドさせて装甲を展開
できるのが、このシリーズの売り。

額のアンテナの部分がスライドし、
パーツを差し替えて、インコムが
ちょっと浮き出た状態にできる。


GUNDAM-MHEAD220.jpg

中身のガンダムフレーム。
顏の内部メカが造型されていなくて
ガッカリ。

Sガンダムはクリアver.こと
フレームワークver.も欲しいと
思ってたけど、どうしよ?

バラ売り見つけたけど、
またお店で確実に抜ける手付かずのBOXが
あったら摘まんでみるか。


GUNDAM-MHEAD221.jpg

GUNDAM-MHEAD222.jpg

2番手はシナンジュ。

ベースの赤は光沢のある塗装。
小ぶりながら、普通にデキはいい。


GUNDAM-MHEAD223.jpg

GUNDAM-MHEAD224.jpg

装甲展開状態。
ヘルメットと両サイドの外装をずらし、
動力パイプの基部を回転させて
前方に移動させる。

頬あてやモノアイ下のパーツも
外れるようだけど、装着された状態で
パッケージされており、
なかなか取れそうにもなかったので、
もうそのままに。


GUNDAM-MHEAD202.jpg

GUNDAM-MHEAD203.jpg

3番手は隠れた人気アイテム(?)
ジムスナイパー。

こちらもグリーンは塗装処理。
ただし、耳のパーツなどの塗料には
結構ゴミが混入している。

額の真ん中で分割されているので、
MG流用派は合わせ目処理が必要。

造型自体は可も無く不可も無く。
メインカメラはもちろんクリアパーツ。


GUNDAM-MHEAD204.jpg

装甲展開はトサカをずらして、
耳パーツを引き出す。

耳パーツのハメ込みはかなりキツく、
1度穴に奥深く差し込むと、
抜き出すのにかなり苦労する。

爪をパーツの隙間に入れて
引き出そうとしたら内出血したわ。


GUNDAM-MHEAD205.jpg

内部のジムフレーム。
カメラアイの部分もちゃんとモールド
されている。


GUNDAM-MHEAD206.jpg

GUNDAM-MHEAD207.jpg

ジムスナにはアンテナの付いた
トサカパーツとバイザーが
付属しており、コンパチでMSVの
ジムスナイパーカスタム風にも
組み替え可。

バイザーは開閉。バイザーを取り付けるには
耳パーツも交換する。
前述の通り、耳のパーツの抜き差しが
非常にタイトなので、両形態で楽しみたい人は
2個買いすることをおススメ。

MGスナカスは今のところケロロ軍曹の
世界でしか商品化されていないので、
ジムを改造して作ろうとしている人には
使えるパーツになるかもしれない。
(塗装前提ならクリア版のほうがいいよね


GUNDAM-MHEAD213.jpg

GUNDAM-MHEAD214.jpg

続いてはHGUCでの商品化も
決定したバーザム。

1/100サイズのバーザムヘッドは
もちろん初商品化。外装は全塗装。

バーザムには、バーザムエクシアや
HI-νバーザムなど、
ファンが描いたオリジナルバーザムの
イラストがネットにあふれているので、
これを使って1/100ガンプラを改造する人も
結構出てくるかも。


GUNDAM-MHEAD215.jpg

GUNDAM-MHEAD216.jpg

装甲展開はヒサシのパーツが
差し替え無しでスライド。
後頭部両側の装甲は位置をずらして
付け替える。

バーザムフレームはトサカの
中身までは無いのね。


GUNDAM-MHEAD208.jpg

GUNDAM-MHEAD209.jpg

ラストはZZガンダム。
うっすら緑掛かったホワイトは塗装処理。
そのせいか、成型がややダルく見える。

自分が引いたのは塗装品質が悪く、
顏の中央に黒い縦筋が入っていたり、
目の下の塗装が剥がれてたり、
ちょっと頂けないクオリティ。


GUNDAM-MHEAD210.jpg

装甲展開。
ハイメガキャノンの上部カバーも
ずらすのがちょっと面白い。

全アイテムに言えることなんだけど、
小さくてパーツのハメ込みがキツイため
装甲の着脱は結構面倒だったりする。
力の入れ方を間違えると、接続軸が
ポッキリ逝くかもしれないので注意。


GUNDAM-MHEAD211.jpg

ダブルゼータもガンダムフレームには
顔面が再現されておらず、
アイテムの真価を損ねているような
気がしなくもない。




どれも造形自体は良好なんだけど、
塗装やハメ込みのテンションといった
精度の部分でやや難を感じる。

あと前弾のHi-νやナイチンゲールみたいな
キラーアイテムが無いので、ラインナップが
地味な印象なのと、全体的に小ぶりなので、
486円という定価を鑑みると、割高感は否めない。

しかし第1弾は今でもよく店頭に余っているのを
見かけるけど、コレ売れてるのかね?

ガンダムの頭部やバストアップの
フィギュアもよく商品化されてるけど、
正直あんまり売れてる印象無いんだよね。

未だにシークレットが高額なマスコレから
スピンオフしたシリーズもすぐ終わったし、
人気原型師を起用したバストアップモデル
よく投げ売りされてたような。

果たして第3弾は出るのか、
それともこのまま終了か?
出るんだったら、百式改のエイリアンヘッドが
欲しいわ(それは無理)。


ガンダムマシンヘッド2をバラ売りで探してみる

blank.jpg
関連記事