#1113 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN ~リミッター解除ver.~|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1113 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN ~リミッター解除ver.~


定価3万ぐらいの商品でカラバリを出されても、
なかなか食指は動かないんだけど、
コイツはワンフェスで見た試作品が
かなりキレイな仕上がりだったので、
値段に躊躇しながらも結局は購入。

でも買って良かったと思ってるよ。
同じタイミングでホットトイズの新作とかも
届いたので、軽くクライシスも感じてるけどね。

今回は千値練、もとい限値練から
リリースされた、ULTRAMANの
リミッター解除ver.をプチレビュー。
今回も再販しない宣言されてる限定品だよ。

genULTRAL01.jpg


12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN
千値練
売り上げランキング: 160,946


12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN~リミッター解除ver.~
限値練
売り上げランキング: 110,768



genULTRAL02.jpg

genULTRAL03.jpg

genULTRAL04.jpg

これは素晴らしいトランザムカラー!

2色のメタリックレッドで塗装されており、
特に薄いほうの色合いが秀逸。
実際に発光しているかようで、
かつ金属的な質感も感じさせる。
塗装精度も高く、今まで見たメタリックカラー
の中でもNo.1と言っていい仕上がりかも。

濃いほうのメタリックレッドは、
よく見ると肩口あたりを中心に
RE:EDITアイアンマンと同様の
細かくて薄いキズが発生している。

ハルクバスターでも直っていなかったし、
この不良は一向に改善されないね。

現状は至近距離で凝視しないと
分からないレベルなんで、
このまま悪化しないことを祈るのみ。


genULTRAL05.jpg

背中の造形美も素晴らしい。
ゴテゴテしてて前面よりも情報量が多く、
メタリックレッドに染まったことで、
さらに語れる背中になっている。

一方で濃いメタリックレッドの比率が
高い分、不安も。。。


genULTRAL06.jpg

genULTRAL07.jpg

もう1つの新しいセールスポイントである
早田進次郎ヘッド。

眼球裏のピンを調整して、
目線を左右に動かすことができる。
後頭部は、髪の毛が細く細かく造型
されている部分もあるので取扱い注意。

マンガは読んだことないので、
似てるかどうかは何とも言えんけど、
結構アニメチックな印象。


genULTRAL08.jpg

genULTRAL09.jpg

12インチフィギュアとしては
前代未聞の変態可動も健在。
ガシガシ動かせる。
ただ首の可動範囲はもう1つな感。

絶妙なクリアランスで、
各部は干渉しそうでしにくい構造に
なってる印象だけど、関節部以外は
ほぼ全塗装なので、動かす際には要注意。

個体差だろうけど、肩~上腕周りの関節が
キツめで、膝がやや緩め。


genULTRAL10.jpg

genULTRAL11.jpg

genULTRAL12.jpg

金属パーツも使用されているようで、
それなりに重く、水平な所では片足立ちも可。
安定性は低いので推奨はしないけど。

胴は腹部の上下で大きく捻ることができ、
脚部の可動域も広いので、ハイキックや
立膝も思いのまま。
フンドシから腰のサイドアーマーを外せば、
股関節はよりフレキシブルに。


genULTRAL13.jpg

genULTRAL14.jpg

肩は前後スイングするので、
スぺシウム光線の発射ポーズも取れる。

手首は握り拳と平手が3種。


genULTRAL15.jpg

genULTRAL16.jpg

スぺシウムブレードもクリアレッドに
なりました。
赤くなると、威力がアップした感がある。


genULTRAL17.jpg

genULTRAL18.jpg

カラータイマー、目、
スぺシウム光線発射部が発光。
もちろん赤く光る。




genULTRAL19.jpg

塗装の美しさは2016年No.1
…いやオレの玩具史上ナンバーワンの
仕上がりだと思うけど、
濃いメタリックレッドにまた細かい傷が発生。。。
詰めの甘い千値練は健在ね。

発送されたばかりなので、
リミッター解除ver.の中古は未見だけど、
ノーマルver.はまんだらけで定価以下で
見掛けたこともあるような。。。

リミッターver.はまだ最安値でこのレベル
でも程なくすれば安い出物は
結構あると思うよ。

blank.jpg
関連記事