#1091 RIOBOT マジンカイザー|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1091 RIOBOT マジンカイザー


スーパーロボット大戦Fでの
デビューからだいたい20年…
ついにマジンカイザーの決定版トイが登場!

究極のマジンカイザーを世に送り出すのは
超合金魂の仕事だと思ってたけど、
その役割を担ったのは、日本で最も攻めてる
トイメーカー(?)千値練だった!

大胆にアレンジされながらも、
王道を感じさせるマッシブなプロポーション。
“変態可動”でアクションフィギュア界隈を
席巻したケミカルアタックによる
優れた可動性能。
そして至れり尽くせりの豊富なオプション群…

…褒める所しか無いはずなんだけど、
手放しでマンセーする気分には
なれないんだよね。。。

詰めの甘さでミソがつくのは、
やっぱりいつもの千値練?

riobotKAIZER01.jpg


RIOBOT マジンカイザー ノンスケール PVC&ABS製塗装済み可動フィギュア
RIOBOT マジンカイザー
posted with amazlet at 16.08.22
千値練 (2016-08-20)
売り上げランキング: 1,039


RIOBOTは前に出た千値練最大の大物
最安値からは脱したものの未だに半額、
その前に出たアヌビスも発売を望む声が
大きかった割にはずっと半額安定

カイザーにもワゴンへの道がチラつくけど、
昔スパロボで散々お世話になったロボだし、
チキンレースは棄権して、発売日に即ゲット。
半額になっても後悔はしないよ。


riobotKAIZER02.jpg

riobotKAIZER03.jpg

箱から出して、ほぼそのまんまで1枚。
足首のビニールは外して、
ターボスマッシャーパンチは取り付けた。

腕を取り付ける時は、肘関節の位置に注意。
上腕に菱形の部分があり、その下部の先端が
肘関節側に出っ張ってるので、
腕を変な向きに付けて曲げると、
菱形の先端が潰れちゃうよ。

標準的な1/100ガンプラぐらいの
サイズなんだけど、手に取った感触は
意外と軽い。合金率は低めか?

しかし光沢のあるブラックと、
ツヤを抑えたシルバーをメインに
ほぼ全塗装されており、まるで
合金で出来ているかのような仕上がり。
関節や一部装甲裏のゴールドも塗装。

クリアパーツ化され、ディテールが追加された
ファイヤーブラスターの放熱板も
高級感を感じさせる。

装甲の分割ラインなど、デザインには
独自のアレンジが見られるものの、
ガッチリした胸部と下半身から形作られる
力強いシルエットはまさにカイザーそのもの。

顏もイケメンだし、造型に関しては
限りなく理想に近い。

トレンドの感性でアップデートされた
造型とも言え、悪いけど、カイザーの
傑作トイと謳われてたMAX合金
古っぽくみえてしまう。

なお、頭部のカイザーパイルダーは
着脱式で、飛行状態の物も別途付属。


riobotKAIZER04.jpg

ケミカルアタックと言えば変態可動だけど
ギミックに関しては特に目新しさや
奇異な技術は見られず、普通によく動く。

ただデザイン的に、見た目動きそうでも
実は動かない箇所が多いので要注意。
ボール状の股関節と腿の接続部、
腹部の分割されている部分の左右可動
は動かない。

遊ぶ前に説明書を一読して、
動く所と動かない所のチェックは
絶対しておいたほうがいい。


riobotKAIZER05.jpg

riobotKAIZER06.jpg

頭部は上下左右、広範に可動。
耳のアンテナ基部も回転。

胸部は腹部とボールジョイント接続で、
上半身を大きく捻ったり、反らしたりできる。

銀色の腹部は分割されている箇所で
後方に仰け反らすことができるが、
他の方向には動かせないみたい。

ウチのカイザーはこの腹部の分割が
ズレて接続されており、左右に動かないので、
まっすぐに調整できない。


riobotKAIZER07.jpg

手首は拳、表情の付いた平手、剣持ち手のほか
手刀状の平手も付属。

下半身の可動も優秀で、装甲のスライドとともに、
膝は深く曲がり、足首の接地性も高い。

ただ太ましいデザインのせいか、
股がきちんと閉じ切らないのは、
人によっては気になるかもしれない。


riobotKAIZER08.jpg

エフェクト付きでターボスマッシャーパンチの
発射を再現できる。

いつもの千値練スタンドが付いてるけど、
大きくて取り回しが良くないので、
パンチを浮かせて飾るぐらいだったら、
魂STAGEが便利。
ジョイント軸の太さは共通なんで、
パンチの穴に挿し込める。


riobotKAIZER09.jpg

riobotKAIZER10.jpg

カイザーブレードは2本付属。


riobotKAIZER11.jpg

肩の突起はボールジョイント接続。
穴周りのパーツを差し替えて、
カイザーブレードの抜刀状態を再現できる。


riobotKAIZER13.jpg

riobotKAIZER12.jpg

riobotKAIZER14.jpg

もちろんファイナルカイザーブレードも付属。
胸のZマークを付けたまま、
剣を持ってる写真もあるけど気にしないで。

肩が大きく内側にスイングし、
ファイヤーブラスターの放熱板の
一部がスプリングで引っ込むので、
剣の両手持ちも余裕。

肘の二重関節や手首のスイングなども
効果を発揮し、前方に構えるのも、
サンライズ持ちも思いのまま。

ただ上腕の肘関節近くの装甲がポロリしやすく、
肘を深く曲げる度にポロポロ落ちる。
1度取れると一旦腕を外さないと、
取り付けづらいので面倒なことこの上ない。


riobotKAIZER15.jpg

riobotKAIZER16.jpg

胸のZマークを外し、エフェクトと
柄だけのパーツを付けて、
ファイナルカイザーブレードの
抜刀シーンも再現可。


riobotKAIZER17.jpg

ファイナルカイザーブレードは
硬質のプラ製なのに結構ひん曲がってる。。。

他にも買った人の報告を見ると、
曲がってたって声が多い。
これはサポートに問い合わせてもいいよね。


riobotKAIZER18.jpg

ヘソ部の蓋は開閉式で、
ギガントミサイルを取り付け可。


riobotKAIZER19.jpg

riobotKAIZER20.jpg

riobotKAIZER21.jpg

そして最大のオプション・カイザースクランダー。
横幅約320mmのビックサイズ。

のっぺりした1枚板ではなく、
クリアパーツが使用&ディテール追加で、
なかなかの情報量。

ウイングの接続は丸軸なので、
前後に回転させて角度を付けられる。


riobotKAIZER22.jpg

カイザーに取り付けると
一気に置き場所キラーに。

さすがにスクランダーを付けた状態での
ブブンドドはキツイ。
ファイナルカイザーブレードも片手だと、
やや保持が弱くなる。

これだけのボリュームなので、
バランスが取りづらいし油断すると、
胸関節が負けてイナバウワーしてしまう。
尖っている箇所も多いので、
取扱い要注意度がレベルアップする。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

RIOBOT マジンカイザー[千値練]【送料無料】《発売済・在庫品》
価格:29590円(税込、送料無料) (2016/8/22時点)




riobotKAIZER23.jpg

造型も可動も仕上がりもパーフェクト!
…って褒めちぎりたいんだけど、
ズレてる腹とひん曲がった剣を見るとね。

定価3.4万、実売2.9万ってことを思うと
涙目になるわ。まあ1.5万で買えたから、
本泣きはしないけど。


RIOBOT マジンカイザーを購入する

blank.jpg
関連記事