#1052 新世紀合金 1/48 変形レギオス エータ ~モスピーダ再放送記念|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1052 新世紀合金 1/48 変形レギオス エータ ~モスピーダ再放送記念


なんと2016年のこの時に、
地上波でモスピーダが再放送されるとはね。
ATX以外でやってるの初めてみたわ。
スカパーでもATX以外からは、見向きも
されてなかったのにスゴイよMXテレビ。
ブルーレイBOX持ってるけど、
何となく物珍しさに、毎日録画して見てるよ。
(月~金の夕方帯放送なんで)

HDソースらしいけど、MX2のほうなので
ボヤッとした感じの画質なのが
ちょっと残念だけどね。

久しぶりにアニメを見てると、
玩具も弄りたくなってきたので、
とりあえず、すぐ出せる所にあった
新世紀合金のレギオスエータを
これまた久々に開封。

sinseikieta01.jpg


ミラクルハウス 新世紀合金 機甲創世記モスピーダ 1/48 変形レギオス エータ
青島文化教材社 (2007-11-02)
売り上げランキング: 402,120


BRAVE合金EX01 機甲創世記モスピーダ レギオス&トレッド 《エータ》(再販版)
シーエムズコーポレーション
売り上げランキング: 870,530


2007年11月発売。
ゼータ、イオタも同時リリースで
3機まとめて購入。

商品自体は全くの新規ではなく、
トイナミから発売されていた
マスターピースコレクションを一部改修して
(あえて改良とは言わない)
新世紀合金の名目でリリースという
非常に珍しいケース。OEM?

国内トイとしては、学研の当時物以来となる
可変レギオスにワクテカした人達も多いと思うけど、
待っていたのはまさかの大惨事!

出荷された商品の精度が一様に悪く、
ネットではブーイングの嵐。

自分が買ったのも、ハッチが開かない、
塗料がムラムラ&ダマになっている、
動くべきところが動かず変形できない
…と言った有様。
程度の差はあれ、3機ともそんな感じ。

他に買った人からは、変形させたら壊れたとか、
そんな声も見掛けたり。

速攻でアオシマのサポートに電話したら、
「レギオスの件ですね、はいはい分かってますよー」
みたいな小慣れた対応。

すでに同様の報告が何件もあって
状況は把握してるらしく、
後日再生産した物を送ってもらえるとのこと。

しかも現状の物は返送しないで、
こっちで処分してくれってことだったし、
かなりクレームが多かったのかも。

そして2~3ヶ月ぐらい後に、
再生産されたレギオス3機が丸ごと着弾。
不具合も改修され、事は解決かと思いきや。。。


sinseikieta02.jpg

sinseikieta03.jpg

まずはアーモファイター状態。
箱にはこの状態で入ってる。
一部合金製なので、そこそこの重量感。

劇中よりもシャープで洗練されたフォルムで、
なかなかカッコいい。

色はトイナミ版よりもブルーが明るめになってる。
マスターピースも買ったけど、
そっちはマウンテンサイクルに
埋まってるので、比較画像は無いよ。


sinseikieta04.jpg

ランディングギアが引き出し可。
しかし脚部のランディングギアは短いのか、
完全に引き出されないのか、
機体後部が地面に着きそう。


sinseikieta05.jpg

キャノピーは開閉し、
コクピット内部にはライドスーツの
スティックのフィギュアを乗せられる。
なぜか頭部がやや左向き。


sinseikieta07.jpg

スタンドの類は付属していないので、
無理矢理やまとのマクロススタンドに乗せてみる。
ただ乗せてるだけなので、
このまま飾ることができる代物ではない。

ライフルは機体上部のほか、
ウイング下にも取り付け可能。


sinseikieta08.jpg

ミサイルポッドのハッチは開閉。
片方はヒンジ部が緩く、パカパカ開きまくりだったけど、
話題のパーマネントバーニッシュ
垂らせばだいぶマシになった。
もう可動玩具ユーザー必携のアイテムね。

あとトイナミ版には無かった
機体中央のミサイルポッドが追加。
劇中未使用のオプションだったと思うけど、
脱着不可の不親切設計。
つまり劇中登場仕様のレギオスにはできない。。。


sinseikieta09.jpg

sinseikieta10.jpg

続いてガウォ…
…ではなくアーモダイバー。
機体上面のセンサーポッドのみ後付で、
他は差し替え無し。

手首は可動指だけど、ライフルの保持は無問題。


sinseikieta12.jpg

sinseikieta11.jpg

ミサイルポッドのハッチだけでなく、
肩、肘関節がかなり緩い。
ライフルを構えるとぷら~んと、
腕が下がってしまうぐらい緩い。

ここもパーマネントバーニッシュ
ある程度はマシになったけど、
パーツ同士に隙間ができてたり、
しっかり組み付けられてない箇所も
散見され、1度バラして調整しないと
根本的な改善にはならない気も。

他にも腕に尾翼が奥まで収納されなかったり、
変形時に肩基部のダボが溝にハマらなかったり、
交換品もなかなかの壮絶クオリティ。
変形させたら、ボロがいろいろ出始めた。

これも不良品と言っていいレベルだと思ったけど、
一応変形はできたし、ハッチも全部開いたし、
塗装だけはかなりマシになってたので、
もう諦めて再度交換はしなかった。


sinseikieta13.jpg

今度はアルカディアのマクロススタンドを使用。
同じくただ置いてるだけ。

乳首の下のミサイルは着脱可。
これも劇中で装備してたっけ?


sinseikieta14.jpg

ラストはアーモソルジャー。

ギミックと3形態のプロポーションを
破綻なくまとめてて、アーモソルジャーも
カッコイイね。

変形は意外と簡単で、特に手こずることもなく、
最近のマクロス超合金なんかと比べると、
全然シンプルな構造。


sinseikieta15.jpg

sinseikieta16.jpg

さすがに10年近く前の物だし、
可変ギミック内蔵なので、
派手に可動はしない。

股関節はハの字開きが可。
膝はクリック式でヘタりにくい仕様。
足首にはスプリングが入ってるけど、
ここは緩めになってる。


sinseikieta18.jpg

sinseikieta17.jpg

各部のミサイルハッチが開閉。

組み付けがおかしいのか、
腕のミサイルはハッチを開けると
半分隠れている状態。
腕のミサイルハッチは4箇所あり、
全部こんな感じ。

そういやレギオスの主武装は
ミサイルなんで、やたら撃ちまくってたけど、
補給はどうしてたんだろね?
道中で廃墟になった基地などから調達?


sinseikieta19.jpg

胸のハッチが開閉。
運搬状態のモスピーダが収納できる。


sinseikieta06.jpg

可変ギミックと三形態のプロポーションを両立させ、
商品自体のデキはいいはずなんだけど、
量産品の精度で全てが台無し。。。

購入者に再生産して新品を支給した対応は
良かったんだけど、自分の場合、交換品も
不良品と言って差し支えない程度の物なんで、
あんまりいい印象のアイテムじゃないね。

でも貴重なレギオスのトイなんで、
ずっと処分せずに保管して今に至ると。




そういや新世紀合金レギオスのエータって、
ほとんど中古で見たことない気がする。
赤と緑は比較的お求めやすい値段であるけど。

だからメタルビルドが数個買えそうなぐらい
いい値段で売ってるの?
でもおそらく未開封新品は…

そして新世紀合金から10年─
MXの放送でモスピーダにハマった人にも朗報!?
(いるのか?)

あのマクロストイを世に放ったメーカーが
なんと可変レギオスの新作トイを開発中とのこと!
今度こそ決定版レギオスの登場を期待したいところ!
…だけど。。。



スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事