その984  ES合金 真ゲッターロボ 真ゲッター1|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その984  ES合金 真ゲッターロボ 真ゲッター1


今月もてっきり尼から延期のお知らせメールが
来るものだと思ってたけど、
月末を待たずにいきなり出荷。

発売延期が2ヶ月なら、アートにしては短いほう?
でも試作品が発表されてから、
随分経ってるような気がする。

オレ的には久しぶりの(そうでもないか)
ES合金となる真ゲッター1。

ESsingetter01.jpg


ES合金 真ゲッターロボ 世界最後の日 真ゲッター1 約150mm ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
アートストーム (2016-01-17)
売り上げランキング: 9,360


ゲッターロボ ES合金03 ゲッター1 (ダイキャスト&ABS製塗装済み可動モデル)
ES合金03 ゲッター1
posted with amazlet at 16.01.21
アートストーム (2010-12-25)
売り上げランキング: 323,239


ES合金 07 マシンロボ クロノスの大逆襲 バイカンフー (ノンスケール 塗装済み完成品)
アートストーム (2011-11-30)
売り上げランキング: 221,255


ES合金は生産数が少ないのか、
ネットはすぐ売り切れるし、
売ってる店も少ないので真ゲも予約購入。

…と思ってたら、予約価格より
ちょっと安くなってるやん。

ES合金は再販がほとんど無く、
プレミアになった物も多いので、
欲しい人は早めの確保が無難かも。
実は隠れた激ヤバ即ゲットアイテム?

ちなみにES合金は、どこにも売ってないようでも
アートストームのECか、
秋葉原ラジオ会館の直営ショップを覗くと
割とまだ在庫あったりする。

ネットでは早々に売り切れてた
マジンガーZ&グレートマジンガーもしばらく残ってたし、
一部でプレ値のコイツも年末はまだお店にあったよ。
(ECのほうでもまだ在庫あり)


ESsingetter02.jpg

デフォルメなんだけど、結構なボリューム。
歴代ES合金の中で最大級かも。

関節部以外はほぼ全塗装で、塗りの精度も高い。
塗料のはみ出しや飛び散りも見られず超キレイ。

合金率も高そうで、そこそこ重みがあり、
質感はかなりいい。


ESsingetter03.jpg

ESsingetter04.jpg

SDにしてはよく動く。

肩の可動はドリル耳と干渉するものの、
装甲が分割してほぼ真横に広げられ、
前方にスイング。
おかげでトマホークの両手持ちも余裕。

股間と足首には引き出しギミックあり。
引き出しても、股関節の前方向への可動域は
そんなに変わらないけど、
足首は良好な接地性を確保できる。

頭部はデカ頭なので、顎はほとんど引けない。
ボディは胸と腹の接続部に関節があるけど、
ちょっと動くだけ。

ただし、ほぼ全塗装なので、
動かす際には色の剥がれに要注意。


ESsingetter05.jpg

頭部と胸部にはクリアパーツ使用。
内部メカが透けて見えるのにも、
高級玩具感が漂う。

後頭部を外すとダイヤルがあり、
それを回して瞳を動かすことができる。

最初はこのダイヤルが回しにくいんだけど、
コツを掴めば、難なく動かせるようになる。


ESsingetter06.jpg

目が光る…と言うべきか、
顔が光る、と言うべきか。。。
最近発光ギミックのある玩具多くない?

ボタン電池(LR44)は別売りなので、
予め用意しておきましょう。


ESsingetter07.jpg

ESsingetter08.jpg

オプションはテンコ盛り!

まずはゲッタートマホーク。
本体を凌駕するサイズでSDなのに大迫力!


ESsingetter09.jpg

ESsingetter10.jpg

刃の部分を差し替えてゲッターサイトにもできる。

腕も足も可動範囲が広いので、
構えたポーズが取りやすい。


ESsingetter11.jpg

ESsingetter12.jpg

オリジナル武器(?)のゲッターライフルも付属。

手首はグー、平手、武器持ち手が付属。
外れにくく、取り付けにくいので、ドライヤー必携。


ESsingetter13.jpg

エフェクトパーツも豊富。
ストナーサンシャインパーツ。
小ぶりだけど十分。

平手の穴にダボを挿して取り付ける仕様だけど、
挿入がかなりキツイ。
エフェクトの細いダボを折らないよう注意。


ESsingetter14.jpg

ESsingetter15.jpg

ゲッタービームのエフェクトは
頭部用と腹から出る用の2種付属。
どちらもマグネットで装着。

クリアパーツでキレイなんだけど、
頭部はビームが出てると言うより、
何かが頭にぶつかってるように見える。

この辺は無くても別に良かったかな。


ESsingetter16.jpg

ゲッターウイングはデビルマン型と
コウモリ型の2タイプ付属。

グロス塗装で表面積が広いため、
ホコリが付くと目立つ。

スタンドも付いてるけど、
支柱が短い上に自由度が低く、
本体を保持する強度も高くないので、
自立補助用としての使用に留めておくのが
安全かも。

支柱の先端を背中の穴に入れるんだけど、
割と緩めで本体もそこそこ重いため、
浮かせて飾るのはちょっとリスキー。


ESsingetter17.jpg

SDにしては可動範囲が広く、
ほぼ全塗装&合金の使用で質感も上々。
オプション豊富で高いプレイバリュー。

これで定価10584円って今時凄くない?
決して大手メーカーではないのに、
よくこの定価が実現できたと思う。

SD好き、スパロボ好き、ゲッター好きには
文句無しにおススメ。
まだ安いの見つかるかもだし。



ES合金次回作への期待も高まるね。
ダンクーガ、ゴッドマーズ、ブラックゲッター等が
開発中らしいけど、年内に出るのかな?
ダンクーガって最初の発表は何年前だっけ?

あと1人忘れられてるようなんだけど、
彼はどうなったの?



blank.jpg
関連記事