ワンフェス土産話2015冬②~ダンクーガやアイアンマンもいいけど、アレも忘れないで…(千値練編)|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

ワンフェス土産話2015冬②~ダンクーガやアイアンマンもいいけど、アレも忘れないで…(千値練編)


個人的に気になるワンフェスで見掛けた気になる新製品のお話、
2回目は千値練のブースから。

今回のワンフェスでは、各社意欲的なアイテムを出展してたけど、
中でも千値練はグリグリ攻めてた印象。


まずはリリースが発表されてから、「おいくら万円?」と心配されてた、
メタモルフォース ダンクーガの値段と発売月が決定!



METAMOR-FORCE 超獣機神ダンクーガ 6月発売予定 税別39500円

なんだ、思ったより安いじゃん。ゴーグ以下だし。。。
…と思ったオレはもう完全に毒されてる。

ちなみに税込だと42660円。中古なら超合金魂が2個買えそうよ。

ご予約開始は2/23から。
最近の傾向だと千値練商品は予約段階だと2割引が関の山だから
実売3.4万ぐらいかな。






サイズは目算で30cmぐらい。
OVA版のプロポーションでの立体化。バリクーガってやつ?
そういやギガブレインのダンクーガ持ってたの思い出した。






このダンクーガの凄いのはバリ体型にも関わらず、各機に分離し、
3タイプに変形すること。

ただどうしても分離後のプロポーションに無理が来ちゃうね。
特にイーグル。。。






そしてMETAMOR-FORCE ブラックウイングもリリース予定なのが嬉しい!

実はダンクーガよりもブラックウイングが好きなのよ。
昔森口あらん氏が作った、ブリバリーシステムのガレージキットが欲しかったけど、
人気商品過ぎて買えないし、どうせ買っても上手く作れないだろうし、
指を咥えて見てるしかなかったんだよね。。

もちろんブラックウイングも可変式で、ダンクーガと合体できるらしい。
発売時期・価格はまだ未定。






こちらもリリースが決定。
METAMOR-FORCE ガイキング・ザ・ナイト 7月予定 税別15800円

ダイノゲッターに続くオリジナル路線。
無骨なスーパーロボットから一転、ヒューマノイドなアレンジがおもしろい。




メタモルフォースなので、3パーツに分離。
でもこのデザインなら、可動に徹したほうがいいような気もする。
まさか大空魔竜フラグ?




そしてフェイスオープンver.と言う名のブラックガイキング・ザ・ナイトも開発中。
これが夏のワンフェスの限定品かしら?

あとケミカルアタックによる、RIOBOTのマジンカイザーが企画中だそうです。




Bleeding Edge Armorが好評で、早くも人気シリーズになりそうなRE:EDIT IRON MAN。
続くアイテムが一挙に来た!




RE:EDIT IRON MAN #02 Extremis Armor(エクストリミスアーマー)が第2弾。
5月発売予定で、昨日からご予約開始




RE:EDIT IRON MAN #03 Iron Patriot(アイアンパトリオット)。
シールドを装備し、アイアンマン3のパトリオットとは違う設定らしい。
キャプテンアメリカを参考に開発されたスーツとか、
ニューゴブリンがアイアンスーツをパクった物とか聞いたけど、真相は知らない。




RE:EDIT IRON MAN #04 War Machine(ウォーマシン)。
パトリオットのリぺじゃないです。




RE:EDIT IRON MAN #06 BLACK × GOLD(ブラック バイ ゴールド)。
MARVEL NOW! verって書いてあった。黒と金のアイアンマン? 。
これみたいなもん?






そして中でも一番目を引いていたのはコレ。
RE:EDIT IRON MAN #05 Hulk Buster(ハルクバスター)。

同シリーズのアイアンマンが中にすっぽり入りそうな大ボリューム。
ホットトイズのハルクバスターは多分買えないけど、これなら行けそう。

エクストリミスアーマー以外は、まだ発売時期も価格も未定。
ちなみにどこも売り切れでプレ値になってる第1弾のBleeding Edge Armorが
こちらで復活中。探してた方はお早めに。


RE:EDIT IRON MAN #01 Bleeding Edge Armor
千値練 (2015-01-10)
売り上げランキング: 653







アイアンマンとほぼ同時にスタートした、
タツノコヒーローズ ファイティングギアにも新作が登場。

ポリマーに続く第2弾は新造人間キャシャーン。
発売日・価格は未定になってたけど、今月予約解禁らしい。






科学忍者隊ガッチャマン1号/2号の試作も展示。
色が着かないと何とも言えんが、良さ気じゃないの。
でもタツノコならムテキングとテッカマンが欲しいな。

後ろに見切れてる限定の破裏拳ポリマーは買ったけどまだ未開封。
関節緩いのが直ってないと聞いて、ちょっとテンション下がってるんだよね。
高く売れるみたいだし、このまま別の玩具資金に充てるべきか迷ってる。











さらに新シリーズ。
月刊ヒーローズに登場するヒーロー達を12インチで立体化する
12’HERO’s MEISTER がスタート。第1弾はULTRAMAN(早田進次郎)。

コミックのウルトラマンとは、これもいいところ突いてくるなあ。
フィギュアーツ×ウルトラアクトのアレとは、被らないのもいいね。
早く色が着いたのが見てみたい。






進撃の巨人やメカトロウィーゴには興味ないので、
ラストは東亜重工のコーナーから合成人間たち。

まずは今月受注開始らしい鹵獲転用体。
マスクから顔の意匠が無くなり、左手と右足が換装され、
アンドロイドというよりロボットに見える。

足元に転がる合成人間たち…勿体ない。。。1個譲って下さい。
せめて気付いて抽選販売に応募したかった。
相変わらずの高値安定でこれじゃあ買えないよ。




行試体。行動試験体の略。
まだ実用レベルの姿じゃないのか。






対鹵獲転用体班 青磁と緑斑。
対鹵獲転用体班はもっとメンバーがいるらしい。


千値練編は以上。
生産コストの上昇や円安を受けた価格の高騰など、先行き心配なフィギュア市場だけど、
そんな状況下にあっても、アグレッシブな商品開発をしている印象で、今後も応援していきたい。

マニアックで単価が高い、買う人を選ぶアイテムが目立つけど、
一方でウィーゴみたいな、手法しだいでマスにも受け入れられそうな取り組みもしてるし、
このメーカーはもっと行けるんじゃないかな。


…おっと、コイツのこと忘れてた。
RIOBOTのアヌビスもちゃんと展示してありましたよ。



発売日・価格…いまだに未定也。
価格は去年の夏に15800円って出てたんだけど。。。


次のワンフェス土産話は背中越しにセンチメンタルになりそうな
新デザインのライディーンなど。。。





blank.jpg
関連記事