2013秋・はじめてのホビーショー|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

2013秋・はじめてのホビーショー


本日は幕張メッセで開催の全日本模型ホビーショーへ。

ワンフェスやキャラホビには毎回行ってるけど、ホビーショーは今回が初めて。

HBS1301.jpg

静岡で開催されることが多かったし、幕張に来てからも、
基本的にはプラモデル関連のみの出展だし、限定品も大したものは無いんで、
わざわざ県境を超えて行くほどのモチベーションは沸かなかったんだよね。

でも今回はバンダイコレクター事業部からも初出の展示があるようだし、
バンプレストやメガハウスなんかの名前も出てたので、行ってみることに。


会場には10時前に到着。
ほとんど行列は無く、チケットを買って即入場。

イベントの印象としてはキャラホビを若干縮小して地味にした感じ。
(模型メーカー以外の出展が増えたので、今までのホビーショーと
毛色が違ってきているのかもしれないけど…)

会場もそんなに広くないし、出展企業も少なく、シブい所─いわゆる昔ながらの
模型メーカーも多いんだけど、結構見所は多く、思ってた以上に楽しめた。

その見所については改めて紹介するとして、本日の戦利品。

HBS1302.jpg

HGガンダムアストレイ レッドフレーム(メッキフレーム/クリアアーマーVer.)3000円
ガンプラのパーツいろいろ 1100円
ガシャポンNEXT クリアレッドユニコーン 0円
計4100円

限定プラモのアストレイは買おうかどうか迷ってたんだけど、
展示の見学がひと通り終わった後、まだ残っていたので購入。1時間ぐらい並んだ。。。
しかしガーベラストレートのランナーがメッキ処理されておらず、
ただのグレーなのはちょっとショック!

HBS1304.jpg


ちなみにガンプラはアストレイだけじゃなく、プレバン限定品もいくつか売ってましたね。
MGネモのユニコーンカラー2種、νガンダムver.kaのフィンファンネル、
HGUCジムスナイパーIIホワイトディンゴ、ベースジャバーなどを確認。
ジム砂が結構売れてた。

アストレイは個数制限が無かったみたいで、大量買いする転売屋らしき人もチラホラ。
例によって早速オクに並んでるけど、ちょっとしたら相場は定価前後に落ち着く気もする

午後には売り切れて今日買えなかった人もいるようだし、パスワード通販も無いのに、
なんで制限かけないのかしらね。


あと「ガンプラ素材市」というコーナーあり。
こんな感じでガンプラのパーツをランナー単位で売ってた。

HBS1303.jpg

会場到着直後は入場制限かかってたけど、帰り際に寄ると並ばなくてもよかったので
覗いて見ると、なかなかいいものあるじゃん!

MGガトーゲルググやジム改のライフルや、
HGUC陸戦ガンダム何とかセットのホバートラックとジム頭入りランナーなど、
サービス精神のある素材も多い。
同じものが数量あるし、値段も大体が200~300円とおトク(陸ガンのランナーは500円)。

その中からMSハンド(1/100&1/144×2)と、他に使い道がありそうな
MGヘビーアームズのガドリング、レッドフレームのメッキ処理された刀身のランナーを確保。
レッドフレームのパーツのみ300円、他は200円。ちょっと美味しかったかも。


そんな感じで満喫したホビーショー。春が静岡で秋が幕張だっけ? また来よう。

そして恒例の個人的に気になる新製品の土産話も、次回から3回ぐらいに分けて紹介予定。

まずは値段を見て、思わず消費税増税の時期を再確認してしまった、
ROBOT魂などバンダイのフィギュア関連の話題から…

HBS1305.jpg



blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント