その592  RIOBOT ブロディア|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その592  RIOBOT ブロディア


ゲームはあんまりやらないので、ブロディアの存在は
ワンフェスの千値練ブースでの展示で初めて知ったんだよね。

初めて見たはずなのに、前からよく知っていたような不思議。。。
凄く馴染みを感じるデザインに、その時から購入は決めてた。

そして商品を手にして確信。
この慣れ親しんだ感覚の正体は、色と頭部に誤魔化されているけど、
ほとんどスコープド……ゲフンゲフン……むせる。。。


RIObrodia01.jpg


RIOBOT ブロディア
RIOBOT ブロディア
posted with amazlet at 13.09.10
千値練 (2013-08-30)
売り上げランキング: 3,396


RIOBOT ブロディア 宮沢模型流通限定 2Pカラー
千値練 (2013-08-30)
売り上げランキング: 14,545


RIOBOT ブロディア・ライアット
千値練 (2013-10-31)
売り上げランキング: 21,415



いつもの店で7500円でゲト。赤か青か迷ってこっちにした。
宮沢模型限定の青は6個ぐらいしか残ってなかったのに対し、
赤は大量入荷だったけど、レア度よりお気に入りを重視。

後から青も欲しくなった今にしてみれば、ちょっと選択を間違えたかな?


RIObrodia02.jpg

原作を知らないので、元デザインに似てるかどうかは知らないけどカッコイイ! 
デザインから考えると、もう少しズングリした体型なら、もっと“らしい”かも。


RIObrodia03.jpg

脚部などのパーツ分割が、昔のプラモデルのような最中割。
ダイキャストのズッシリ重みのある手応えと相まって、玩具っぽさを感じさせる。
まあ、それも味わいかな。。。


RIObrodia05.jpg

RIObrodia06.jpg

RIObrodia09.jpg

箱っぽいスタイルの割には可動域は広い。さすが元祖変態可動。

膝関節が腿から引き出せたり、足首の接地も驚異的だったり、
特に下半身のギミックは秀逸。

しかし股関節が緩めで、さらにダイキャストの重みに耐えきれないのか、
踏ん張っているような体勢では、ポーズを維持できないことも。


RIObrodia12.jpg

RIObrodia08.jpg

動かしていると、グリグリアクションできるRIOBOTのスコー○ドッグも見てみたくなる。
でもコイツ、特に下半身はスコタコそのものなんだけど、いいの?


RIObrodia07.jpg

デフォルトは右腕→シールド、左腕→クローだけど、
肩は抜けるようになってるので、左右取り換えっこもできる。


RIObrodia04.jpg

RIObrodia10.jpg

申し訳程度だけど、クローが伸縮。

シールドは腕の横側、後ろ側どちらにも装着可能。
多パーツ構成で何か仕込まれてそうなシールドだけど、コイツ自体にギミックは無し。


RIObrodia11.jpg

可動指の手首が付属。ブロディアは4本指なのね。
手持ち武器が無いので、他のフィギュアから流用しても面白そうだけど、手首がデカいし、
体型もガッシリしているので、似合うモノを見つけるのは難しいかも。

他にもビットといつもの専用スタンドが付いてる。


RIObrodia13.jpg

デザインが好みだったという理由のみで買ったけど、変態可動は健在で、
なかなか気に入った。青も欲しくなったけど、値段がねぇ。。




先行量産型ブロディアはあみあみとホビーストックだけの限定なの?
いつもの店に入らないってこと? ヤダー!



blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント